2005年09月18日

日本の歴史

どういうふうに突っ込んで来るんだろう、とか実は結構期待してました。
日本のターニングポイントになったところをテーマにということでしたが・・・
期待はずれでした。
ええ、4時間、我慢して見続けました。

はっきり言って歴史は苦手です。
学生時代に授業でなんとか覚えて、卒業後は自然忘却で
全く詳しくありません。
けどこういった番組は結構好きでして。
ちょっとだけ頭が良くなった気がするし

が、今回の内容それでもほとんどわかる内容で・・・
各コーナーつまらなさすぎるし、芸人を無理矢理押し込んだりして。
芸人が一番の被害者かもしれん。
新しく突っ込むところがあるのかと思えばそうでないし。
・・・たぶんそういったところは平安貴族ミュージカルとかなんだろうけど、
やっちゃった感が強いなあ。
この番組でいったいなにをやりたかったのかがわからない。
が、このくらいはまだいいですわ。

肝心の近現代史をすっ飛ばすとはどういうことだ
「ターニングポイント」だらけじゃん。
この時代を扱えるようにならないとなあ。
そういや、歴史の授業もこの近現代史は時間切れで端折ってたんだよなあ。

あ、そうそう、唯一よかったといえば神無月が面白かったぐらいかな。


posted by k-j at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | TV・ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。