2007年03月31日

精度

ちょっと前にあったIIDXのアップデート。
これにより判定が改善されて、スコアが出やすくなった人が多数いらっしゃると思います。

元々リズムをキープ出来るIIDXの精度のある人は、
DDまでの妙な遅延は対応できるけど、1曲通して遅延を考慮してのリズムキープははつらい、
っていう感じでしょうか
自分のような精度のぶれが多い人は、
遅延度合いが自分の精度のぶれとビッタシくるときが非常に稀にあって、
自分でもビックリするような結果出たりすることもあるかな。

今作の修正された判定だと
判定が改善された分、精度ある人はより取りやすくなりスコアは赤丸急上昇。
精度の低い自分もスコア取りやすくなったものの、ぶれは相変わらずなので、多少アップしたぐらいかな。

さて、RIVAL JUDGEとやらを試してきました。
rivaljudge.jpg
ライバル4:勝率7.6%

いやいやいやいやいやいやいやいや
判定云々があったとしても、いくらなんでもひどい

と、一番対戦成績の悪いのを上げてみましたが・・・
他のライバルもここまでいかなくとも、10%20%ってさ。
自分よりちょい上は「目標」として頑張れるけど
なんかもうその域を遥かに超えちゃってるっぽい・・・


posted by k-j at 23:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 音ゲー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おおおそんなコマンドが!

仕様説明を読むと
>JUDGEコマンドを入力後
とありますが、この手順はDPの場合にも適用されるのでしょうか?
JUDGEコマンドって確かDPだと不可でしたよね。
Posted by やげつ at 2007年04月03日 04:54
やげつさん
DPもできます。とった写真もDPのものです。
JUDGEコマンド入れて、コマンド成功のマークが出てればOKです。
Posted by k-j at 2007年04月03日 22:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。