2004年12月01日

淡々とDQ8プレイ4日目

今日は早く帰ってこれた、っていうより強引にぶっちぎってきたのでちょいと進みました。

主人公Lv12
ブーメラン・うろこのよろい・うろこの盾・皮のぼうし
ヤンガスLv12
鉄のカマ・皮のこしまき・うろこの盾・皮のぼうし

ブーメラン重宝してます。いいんだが唯一じんめんガエルの団体さんが恐怖。

ぼうけんの記録
ぼうけん時間 7時間29分
走破距離 44.7km
戦闘回数 186回
倒した匹数 396匹
追い払った匹数 81匹
勝利回数 151回
逃走回数 6回
全滅回数 0回

トロデのコメント
あのゼシカという娘は魔物を
追い払う時 どんな声を出すのか
想像すると・・・・・・ドキドキするのう。



ぉぃぉぃ。
いや一度聞いてみたいが・・・

さて、リーザスの塔にリベンジ。
最上階、像の前に立つと後ろから、ボンキュッボーンが。
ここでも盗賊に間違えられて、魔法攻撃を受ける。炎が出ているから米良かな?
よけることができたがリーザス像に引火。
燃えるリーザス像は結構怖い。が、回想シーン始まる。
リーザス像が記憶してたサーベントの最期。
ドルマゲス。悲しいなあ。
サーベントは剣が抜けない。さらに体が動かない。
近づくドルマゲス。
抱きついて杖でひと突き
「君の死は無駄にしないよ」

ってよく言うよ。
伝えたいことを伝えてサーベントの魂は天に召された訳だが、ボンキュッボーンはその場に泣き崩れる。
謝りたいので先に村で待っていてほしいと言われ村に戻ると、ポルクがコルクと金を出し合ってただで泊まれるようにしたとのこと。
この行為にヤンガスも見かけで判断して悪かったと反省する。
にしても色気がありワイルドなのが好きなんだが、ボンキュッボーンは好みじゃないと。それはあの格好じゃなかったからかな?ヤンガス君。
さてボンキュッボーンはこっそりと塔に向かったにもかかわらず帰りは堂々と正面から。
何を考えてるんだこの娘は?
当然のごとく代々の家訓を破ったことがばれマダムと喧嘩に。
親に勘当されて返した娘の言葉が
「気が済むまで思う存分引きこもっていればいいわよ」
部屋に戻り着替えて家を出る。ついにあの格好ですよ。バインバインの。
もちろん、後から部屋に入って「普段着」を手に入れておきましたよ。
あの格好もいいけど着衣の上からのもなんともまー
ボンキュッボーンはさっさと港町ポルトリンクへ。塔から村へかえる前によって見たら怪しいやつの話を聞いたのでいってみると。
・・・にしても行ってみると遠いぞ。そんな気軽に寄ってみてる距離なのか?
実際に走破距離から見てみると・・・片道1.3km→往復2.6km
・・・そうですか。
ヤンガスは謝ると行ったくせにさっさと村を出て行ったことが気に入らないご様子、だが港町で探してみると・・・船を出せ、できないと争ってる二人が。
怪物が出たから、ということなんでとっさにボンキュッボーンは「この人たちが退治する」と。
強制的に承諾され怪物退治に出ることに・・・
準備を整えたら話しかけることになっているのだがここはこの港町の周りを散策してみる。
崖崩れかなにかで通行止めのところがあった。
少し前に北西の方が光って地震が起きた。そのためこの先は通れなくなった、と。
港で船出せない・崖崩れ。これってよくあるRPGの足止めパターンですな。ほかには狭い通路に人・橋が落ちたとか。
その北西の方にあるのがトロデーン城・・・わかりやすすぎ。

気になったこと
海の上を走る道化師・ニュルニュル者が最近変・トロデの走り方が「キーン」
posted by k-j at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | DQ8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。