2006年04月19日

ファイアーエムブレム 紋章の謎をプレイして

1年3組 k-j

色々あれこれ書こうと思ったけど、もういい時間なのでこのままいっちゃおう。

こんなきっかけがあって、そういえば持っていて、あっさり挫折した事を思い出して、再び始めたのが去年の4月、ビミョーに1年間以上かかりました。
ほんとは1ヶ月で終わらす予定だったんですよねえ。ちょうどGC版がでるということで、これやっておもろかったらGC版ををゴールデンウィークでやってみようかなと。
全然ダメ、なってなかったですね。

さてプレイしてみてですが、こんなに考えてプレイしたゲームって久しぶりじゃないかなあ・・・死んだらそれまでという緊張感でプレイ、これもいいじゃないですか。
これはゲームに限らないんだが「考える」ことってしなくなったと改めて思いました。まー「落ち着いて」というか「腰を据えて」というか。
ここ数年音ゲーメインだったかせいだろうか。当然それだけじゃなく元々の性格もあるんだろうけど。音ゲーって長くても1回10分程度で終わるし、クリア、落ち、どっちでも曲ごとで考えれば2分程度で結果がでる。この時間設定が「もう1回」とかってやっちゃいたくなるんでしょうか。
FEだったら下手すると、2時間ぐらいのプレイが水の泡なんて事もありますからねえ。失敗したときのダメージがことのほか大きい。
正直言うと何度やめようと思ったか・・・章クリアするごとにここに書いてましたがよく1ヶ月ぐらい空いている時、ありましたねえ。ちょうどそのときはそんな感じでした。

で、FEは限られたステージで仲間を育てていかなくてはならなくて、必然的に誰を育てていくか絞っていかないといけないのです。
RPGでつまると、じゃ、どっかでレベル上げようとか、金貯めて装備固めようとか、もう1回人々の話を聞き直そうとか、できるんだが、FEでは今この現状でなんとかしなければならない。その上死んだら基本的にそれまで。その結果がこのリセット回数。
1回目ということもあるんだけど、章の開始でこんなかんじかなーとメンバー決めて、やってみて、ここがいずいなあとかこいつ意外にここじゃ使えないとかでリセットしてメンバーチェンジとか、仲間やられてリセット等々、プレイしながら方向性を決定してたプレイ方法だったんだけど、それ考慮してもリセット大杉勝男。
しかしドーピングしたとはいえこんな適当育成でも最後まで行くもんなんだ。
最後なんか5連続避けとか3連続必殺の一撃とか神がかってたからクリアしたようなもんだし。
まあ、クリアしたから言える事なんですが。なんか弱くても、ここさえなんとかなれば、レベル低くても突破口がありそう、そう思わせるようなバランスだったと思います。そこんとことはうまいなあと今更ながら思うのです。
横井さんのおかげかな。
fe_yokoi.jpg
もう1回やりなおせば、今度はうまく行く。なんだかリンダキューブの旧箱船の台詞っぽい感じのことも思っちゃったりもしたけど、最初プレイしたのは1年前ですから。もう序盤はすっからかんに忘れてますから。残念!←このフレーズ、これから流行るよ(伊集院風に)
それはともかくこの方面は食わず嫌いでしたので自分でも手を出そうと思えば出せる事がわかっただけでも"良し"としましょうか。

最後に、仲間のなり方、ここ見てプレイしてました。ごめんなさい。

さて、FEもクリアした事だし買ってから暫く放置してたFF12にいよいよ本格的にプレイしようか・・・
ああ、もうMOTHER3と大神が出るじゃないですか・・・FF12も積みゲーになっちゃうのかな
posted by k-j at 02:31| Comment(0) | TrackBack(0) | FE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。