2009年05月02日

レナス 古代機械の記憶

もう16年半ほど前になるのですか

やる夫がレナスで古代機械の記憶を呼び覚ますようです 【第1話】

いわゆる「やる夫」シリーズなものですが、まさかこんなマイナーなのを題材にするとは。
当時はあの独特なデザインに惚れて飛びついたものの、
ほんとに独特すぎる世界観と以上に覚えづらい名前の魔法と後半につれ鬱になる展開と戦闘のつらさにヒーコラいったものの
何となく運でクリアしちゃったな・・・時間が余りまくる学生ならでこそなのか。
まあとにかく、かなりのアレンジがされていますが、ベースな部分は崩していない・・・らしいので、
レナスの世界を浸るのにはいいんじゃないでしょうか・・・
・・・そんなこといいながら、かなりの昔のことにかなり記憶がないんですが。

オリジナルを見るなら、こっちってことになるんでしょうか。


正直「2」がでてるの知ったのは相当後で、
全然本数出てなかったらしく一度も見たことないし
3部作の3作目は作らない(作れない?)宣言でちゃってるみたいなんで、
レナスの謎解明ってことにはならないようなんですが・・・

でも、この「レナス」の世界はお勧めしたいです。
posted by k-j at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。