2008年11月14日

お久しぶりです。 -家ゲー編-

ひと月以上あけてしまいましたね。

さてあいもかわらず、暇さえあれば、暇でなくてもゲームばっかやって・・・ではなくて
ネットも徘徊しながらあまった時間でゲームしたりしてます。

最近やったゲーム
・ヘラクレスの栄光 〜魂の証明〜
いや〜なんというか・・・数ヶ月かかってクリアしましたが・・・
戦闘が異常に凝っていて、魔法やらスキルやらがやたらと多い。
これが結構いいんですわ。常に全力で戦っていけるのがいいですね。
っていうか進むにつれ本当に駆使しなきゃならんのです。
ただ、いろいろ詰め込んでるせいなのと、エフェクトのせいで異常に戦闘のテンポが遅い。
これは前にも書きましたね。
ほかのもう一つの欠点としては、街の中が非常につまらない・・・。
武器防具道具屋などおなじみのから鍛冶屋やら磨き屋など独特のまであるけど、
正直武器防具ぐらいしか使わなかったし
何より街の人を探して話を聞こうとも思えようにならないのがねえ。
で、クリアして2週目ができるんですね。
話としてはIIIと同じように「不死で記憶喪失」な人たちが旅する訳ですが、
2週目できるなら最初から話を振り返ってみたいのですが・・・
「強くてニューゲーム」じゃないのか。がっかり。
序盤の戦闘きついんだよなあ・・・

・まるぼうしかく
WiiWareです。
これなかなか面白い。
3つゲームがあるんですが
まる・・・丸いフィールド内を回転する「まる」を敵にぶつけていく
ぼう・・・ぐるんぐるんまわる「ぼう」を遠心力でフィールドを進む
しかく・・・しっぽに火がついた「しかく」でブロックを燃やして進む
操作は至ってシンプル。
まるは回転方向を変えるだけ。
ぼうはボタンを押したときの回転によって進むだけ。
しかくは十字キーで動かすだけ。
だけど、このまる・ぼうの押すタイミングはいまいち慣れずもどかしい。
でも、このもどかしさとシンプルさ手軽さがあいまってリトライを繰り返してしまっちゃうんですよ。
で、ほかと違うのは1画面3つフィールドがありまして、つまり3人同時にできるんですがこの同時プレイしたときに自分のプレイが他のプレイに影響を及ぼす点。
例えば隣のまるが飛ばした敵が自分のしかくにあるブロックを燃やしてくれるとか。
逆もまたしかり。
全然強力プレイじゃないんだけど、なんか助け合いながら進んでいく。
ちょっと不思議な感じしますね。
また、プレイしていないフィールドに時々「マボシくん」があらわれます。

◯ ◯
 /
 □

冗談抜きで本当にこんな感じです。
そして100万点とれ、と言ってくるのです。
隣同士のプレイが影響するシステムを使って、マボシくんのフィールドで100万点取っていくのですが・・・
いまだ到達していません。
点数は累積していくので、そのうち到達するんだろうけど・・・
このプレイ内容をお互いに影響し合うシステムって、なんかうまいこと使ったらもっとバケそうな気がするなあ・・・と言ってみる。
posted by k-j at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109678058

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。