2006年01月09日

へばっても行ってしまう

全然関係ないけど、香取慎吾と伊藤淳史は逆にしたほうがしっくり来る、というネタが近々エンタの神様にでるであろう、という大予想・・・これ、つかみ。こんばんは。

なんとか脱出して結局行ってきましたゲーセン。3日連続雪かきでぐったりです。特に今日は歩道も車道も除雪されていなかったのでいつも以上にへばった。今、体痛いです。やっぱり運動せなあかん。
IIDX
久々に成果を羅列。DPね。
今日のフルコン
Don't let it go,Listen up
今日のハードクリア
murmur twins,Drivin'(A)
今日のクリア
250bpm(A)
今日のクリア(EASYあり)
GREEN EYES
☆7HARD埋め終了。GREEN EYES突破(84%)で☆8クリアはあとSCREAM SQUADとDon't let it go(A)ですか・・・Don't let it go(A)のほうがクリアレート高いってマジですか・・・

DDR
EDIT作ったのでテストプレイ・・・うーんこれくらいなら大丈夫だろうと予想してたんだが、踏みこなせない・・・衰えたなあ・・・そうだ、除雪でやられてたことにしよう。そうしよう。・・・来週でなくなるのに完成するのかいな?

ギタドラ
いま、「LIVE2GO杯」ってやってますよねえ・・・予選曲出てこなかったんですよねえ・・・4曲設定はダメなのか?
明日から再び仕事。だけどゲーセン移動中どこも除雪が間に合ってなく大渋滞。会社行けるのかなあ・・・


posted by k-j at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 音ゲー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かんべんしてくれよ

snow3.png
これでも他の地域に比べるとかなり少ないんですって。
posted by k-j at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニューシネマパラダイス

夜中にやっていてつい見てしまった。
・・・ほんとは鈴木タイムラー始まるまでの間、つなぎでなんかないかなーとチャンネル回してたらちょうど始まる所で。何やら名作との誉れ高い作品、しかも完全版、こりゃちょっと見てみるかと、ついつい・・・こんな時間まで見てしまいました。おかげで鈴木タイムラーは気付いたときには終わってましたとさ。

たまーにテレビで映画をネタにしたときにワンシーンが流れる事ありますが、この映画でワンシーン流れる場合少年トトとアルフレードの自転車のシーンが大半なように思います。ということで自分には少年とジーサンの映画を通したふれあいの物語かなーと思ってました。実際は映画を軸にしてトトの少年時代の映画との出会い、青年時代の恋愛ものから旅立ち、そして壮年時代、映画監督として成功して故郷に帰るという3部構成。まあ、詳しいあらすじはオフィシャルサイトを見てもらうとして、ってもう98%か書かれてるやんか。
やっぱり少年時代のアルフレードとのやりとり、そして村全体で映画を楽しむ光景が何とも楽しかったなあ。しかし昔の映画って教会が絡んでたんですねえ。神父が検閲して、それを編集するなんてね。
青年になってからが違和感があってあんまりのめり込めなかったかな。さっきも書いたけど少年対じいさんの映画だとばかり思っていたからでしょう。でも故郷に帰ってからもこの青年時代の話を引っ張ってるんですよねえ。んー、青年時代の思いが強いから壮年時代のあんな行動にもなるのかー。ちょっとひいたかも。忘れられないという事なんだろうけど・・・。

結局これってノスタルジーですよねえ。最後のフィルムなんか壮年トトが少年時代を、アルフレードとの思い出を掘り起こさせるものになっていて。なんかほんわかというか、ほっこりした感じでしょうか。ただ、あらゆる所で大絶賛されているようですが、正直そこまでのものか?とも思ってしまいました。いや、面白かったんですよ〜。まあひねくれ者、心ないものの戯れ言なので。

しかし、CM入れて約3時間ですか。長いって。この時間起きているってことは明日も潰れるなこりゃ。
posted by k-j at 04:18| Comment(0) | TrackBack(0) | TV・ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。