2006年01月06日

古畑任三郎FINAL

3日間見ました。久々にテレビの為に仕事切り上げて帰るなんて事をしてしまいました。簡単に感想をかいてみますか。

第1夜 「今、蘇る死」
まず、新撰組と被ってしまったようですね。もったいない。
さて、中身はこれまでのパターンと違って本格サスペンス風な作り。
石坂浩二が出てたせいか、金田一っぽさを狙ってたようですね。解決編の回想シーン挿入とか。
最後の最後でタイトルの意味がようやくわかりましたよ。
後半はもうぐいぐい引き込まれましたが前半のCMの多さがちょっと勿体ない。
多分後半解決編あたりにCMで途切れさせたくないからだったんだろうけど、やっぱり前半のテンポの悪さがひびいたなあ。
それにしてもアヘアヘばあさんが吉田日出子だったなんて。勿体ない使い方。

第2夜 「フェアな殺人者」
イチロー意外とやりますねえ。「ハチミツ好きか?」こえーよ。
でも話がなんか中途半端だったような。
解決方法が「フェアプレイ」で行っているイチローに対してかなり卑怯な感じもしましたし、
なにより「フェアプレイ」「ウソがいや」「兄貴を守る」がかなり前面に押し出されて
イチロー好感度アップするような中身でしたねえ。
さて、最後にお兄さん助けたとか宣うてましたが、毒準備したの向島なんですよねー。その点はどうなるんでしょうか?
そうそう、カプセルのくだりも詳細説明してほしかったなあ。
ま、この回はイチローを楽しむ回ということで。

第3夜 「ラスト・ダンス」
最後の最後ですか。
トリックは双子っていう設定でオチもわかったし、っていうか方々でかなりわかりやすいようにしむけてた気がします。ここまでしなくてもよかったんではなかろうか?
でもまあおもしろかったのです。犯罪の設定でなく古畑の心のうちを表したかったんでしょうね。
放送開始してから殺人が起きるまで、結構遅い方だと思うんですが。
最後に第1話の話を出してくる所なんか、ああ、最後なんだなあと妙に思ってしまいました。
それにしても合成が結構きれいでしたよねえ。

さて3日間見て、やっぱり田村正和にちょっと違和感ありました。
よくよく考えたら還暦越えてるんですか。長く早口な台詞はもうつらいんでしょうか。
ここでやめるのは、正解でしょう。

・・・数年後2代目登場して、シリーズ再開なんてあったりして。
金田一シリーズのように。


posted by k-j at 00:24| Comment(0) | TrackBack(2) | TV・ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。